site map

はなまるマーケットのレシピ! > はなまるマーケット レシピ > ためしてガッテン 鶏むね肉 レシピ

スポンサードリンク

はなまるマーケット レシピ

ためしてガッテン 鶏むね肉 レシピ

NHKのためしてガッテンで紹介された鶏むね肉をとってもを柔らかくジューシーにする調理法レシピがあるんです。ところで、皆さん、鶏むね肉はお好きですか・・・なんていけずな質問ですよね。
今回は、ためしてガッテンで紹介された鶏むね肉を美味しくする二種類のレシピと調理法について検証してみます。

鶏もも肉に比べてむね肉はぱさぱさで、筋がある様な感じで固くて食感が美味しくないのは常識ですよね。一般的には加工食品の食材として利用されるケースが多いようですね。

だから多くの世の奥様方は、少々高くても鶏むね肉よりももも肉を選択するんですよね。つまり美味しさは断然鶏もも肉の方なんですよね。でもむね肉の方が安いんですよね。
P5300147.jpg

しかし、効能とか栄養学的に調べてみると、鶏もも肉よりも断然鶏むね肉なんです。
ご存知でした。私は不勉強にも知りませんでした。

先ず、鶏むね肉のメリットとして、他の肉と比較すると非常に低脂肪であり、疲労対策に効果のある、つまり疲れにくい物質のFFをたくさん含んでいるんですよね。
それは、イミダゾールジペプチドって云うらしんですけれど、私にはよく判りませんが。
更にですよ、根本的にですね、うま味成分の5-イノシン酸の量は、和牛もも、豚もも、鶏ももにくよりも鶏むね肉の方が断然多いそうなんです。

逆に、デメリットとして、ももと胸肉の違いとして、もも肉は良く使う筋肉で赤筋が多く、一般的なブロイラーの胸肉は使わないし飛ばないし動かさないので白筋なんです。だから胸肉は白いんです。更に々、鶏むね肉は筋肉の膜が薄いために水分を逃がし易いんですね。

でも食感が悪く美味しくないと食べないという方のために、NHKのためしてガッテンのミラクル調理法があるのでした。

そこで、登場するのが、料理研究家の林さんが紹介して下さるのが、鶏むね肉をとってもジューシーに柔らかく美味しくする調理法なんです。一品料理として、鶏むね肉のソテーとしてフォークとナイフでたっぷり優雅に食べたい時にはこの調理法です。

【 鶏むね肉を柔らかくジューシーにする調理法1 】

1、鶏むね肉をフォークでまんべんなく突き刺す。
2、密閉可能な袋に、鶏むね肉と水、砂糖、塩を溶かし、空気を抜き、1分程良く揉み込む。
3、冷蔵庫で数時間から一晩漬け込み寝かせばベストですね。

レシピは、肉の重さに対して、以下です。
水  10%
砂糖  1%
塩   1%

この原理は、水分が抜け易い鶏むね肉に水分を加えながら、タンパク質に砂糖を加えると水分を保持する力が強くなるのでぱさぱさになるのを防ぐ効果があるのです。
水分を保持しながら美味しく焼けているのが判りますでしょうか。
P5290140.jpg

次に、水を使わないで、食感を変える方法もあります。

それは、まさに目から鱗なんですが、包丁の峰で叩くのです。
豚肉ではやりますけれど、鶏むね肉ではまったくやりませんよね。
この調理法は、大きな塊としての肉であるソテーなどではなく、肉と野菜炒めの様に一口サイズに鶏むね肉を使用する場合です。

【 鶏むね肉を柔らかくジューシーにする調理法2 】

1、包丁の峰で叩く。結構しっかりとです。
2、肉の繊維を切断する様に、包丁の入れ方、切り方を工夫する。
  先ず鶏むね肉を長い部分に対して、真ん中で二分する。それをAとBとする。
  A、繊維に対して縦に切る。
  B、繊維に対して横に切る。
P5280094.jpg

これは、縦とか横とかどう切るのか判りづらいと思うので、画像を用意しておきました。
これであの鶏むね肉を、安く柔らかくジューシーに美味しくするレシピにはなまるマーケットのレシピも挑戦してみました。
お試しあれ。
スポンサードリンク


<<はなまるマーケット ローストビーフ レシピ | はなまるマーケットのレシピ!トップへ | 乾燥パスタを水で生パスタ>>



Powered by Seesaa