site map

はなまるマーケットのレシピ! > はなまるマーケットのレシピ バーニャカウダ > バーニャカウダ 意味

スポンサードリンク

はなまるマーケットのレシピ バーニャカウダ

バーニャカウダ 意味

バーニャカウダの意味についてご紹介したいと思います。

はなまるマーケットでバーニャカウダが紹介されて、すぐに我が家でも作ってみました。
我が家ではなんといってもイタリアン大好きなんですよね♪

イタリアンが大好きならば、一度は耳にしたことがあるはずのこのバーニャカウダなんですが、料理レシピ紹介番組で有名なはなまるマーケットで取り上げられたので思わずその意味とレシピをメモしちゃいましたね。

【 バーニャカウダ 意味 】

その起源は、遠くイタリアはピエモンテ州を代表する郷土料理だそうです。

秋になると、このピエモンテ州では、収穫を祝うお祭りずばり「バーニャカウダ祭」が開催されます。
この祭りの名をとった温かいソースと季節の穫れたて野菜を感謝しいっぱい食べることがメインの祭りです。

地中海ですから、オリーブオイルに、いか、又はアンチョビ、そして香りつけに大蒜を使用します。
そして、新鮮野菜に、このバーニャカウダソースをたっぷりつけていただくものです。

さて、本来のイタリア人の認識する問題のバーニャカウダの言葉の意味は、日本でよく勘違いされている「熱いお風呂」という意味合いとは若干違うようです。

ずばり、イタリアでのバーニャカウダの真の意味は「温かいソース」という意味だそうです。
とにかく感覚はイタリアンですね。

最後までお読み頂き有難うございます。今日の料理レシピはお役にたちましたでしょうか。この記事は、はなまるマーケットのレシピのオリジナルによるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!
スポンサードリンク


<<バーニャカウダ はなまるマーケット 白ワイン | はなまるマーケットのレシピ!トップへ | はなまるマーケットのまかない料理について!>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。