site map

はなまるマーケットのレシピ! > はまなるマーケットのレシピ カルボナーラ > はなまるマーケットの本場カルボナーラ風レシピとは?

スポンサードリンク

はまなるマーケットのレシピ カルボナーラ

はなまるマーケットの本場カルボナーラ風レシピとは?

カルボナーラの本場のパスタソースのレシピについてご紹介したいと思います。

今日は、ずばり本場イタリアと日本でのパスタ料理のレシピは随分違っていると言うお話です。
そのシームは誰もが好きなパスタ料理の一つカルボナーラです。

はなまるマーケットで紹介された人気のカルボナーラ(Carbonara)は、イタリア語で「炭焼のパスタ(炭焼職人風)」といわれる意味のパスタソースです。

炭焼職人がが仕事の合間にパスタを作ったら、手に付いた炭の粉が落ちて・・・こんな風になるのではないかという感じの、黒コショウをからませた味わいのあるカルボナーラだそうです。

日本においてカルボナーラの一般的な作り方は、まず、ベーコンとニンニクをバターで炒め、それに生クリーム、チーズ、卵黄を加えるというパターンのレシピが多いと想います。

茹でたてのパスタにからめていただくカルボナーラ。こってりとしているソースは、太くて平たいフェットゥッチーネというパスタがよく合うそうです。

ところが、はなまるマーケットで紹介されたカルボナーラのレシピは、生クリームも牛乳も使わないのです。実にヘルシーなレシピのものなんです。

今回、同番組で「カルボナーラ」取り上げた縁もあって、私なりにいろいろ調べてみました。
でも、本場北イタリアでは、もともと生クリームも牛乳も入れないのが普通みたいですね。読者の皆さんはご存知でした?

炒めたベーコンに卵黄とチーズなどをくわえてソースとする場合と、全卵で作るソースとがあるそうですが、はなまるマーケットで紹介されたカルボナーラのレシピは確かに本場のものに近い感じがしました。皆さんも調べてみて実際に作ってみませんか。レシピの詳細な紹介は別記事にて参照下さい。

今回は、パスタ大好きの当サイトはなまるマーケットのレシピは、本場のカルボナーラに挑戦してみました。
スポンサードリンク


<<はなまるマーケットの秋鮭と今日の料理 | はなまるマーケットのレシピ!トップへ | はなまるマーケットのカルボナーラを作るポイント>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。