site map
スポンサードリンク

はなまるマーケット レシピ

はなまるの大根カレーに一工夫

はなまるの大根カレーって、何の罰ゲームと思わず叫んでしまった?
年明け、はなまるマーケットで、また新しい、或る意味革命的なカレーレシピが紹介されたようだ。

早速帰宅してからビデオをでは無くて、テレビ内臓のハードディスクをチェックしました。未だに録画機器全般をビデオと表現してしまう私はオバサン・・・?

成る程、カレーに加える具材が大根に特化したものでしたね。
ま〜現代の、う〜ん欧米や70年代アメリカのホワイトカラーから始まる健康志向を意識した、目的系のレシピだと思う。我が家には、あまりそんなに影響されるほどのものでは無いがダイエットが目的の方にはお勧めの料理だと思う。

遠い昔の思い出が蘇えりますね。
実は、私も学生の頃、この手のカレーライスを作った事があります。

大昔の学生がやっていた「闇鍋」ならぬ「闇カレーライス」である。
合宿や部活の打ち上げとかで1日だけ有志が集い、我が校我がクラブの伝統的な面白い企画が行われるのでした。

結構なお歳のクラブの担当部長が「君達、適当に食べられる食材を持ってきて下さい!・・・」と指示があり皆が持ち寄ったものをカレーに入れるのでした。

上級生は知っているから、かなりやばいものか自分が安全に食べたいもの派に別れるが、1回生は初体験なので面白かった。

梅干し一袋、漬物、当然沢庵もあったし大根、ニンジン、ピーマン、こんにゃく、かまぼこ、レンコン、トマト、・・・野菜と名が付くものはほぼ入れたと思う。

極めつけは、クッキー、河童えびせん、コーヒーはネッスル一ビン、食パン、アンパン、お餅、はちみつ一ビン、チョコレート、一味唐辛子、うどん、ラーメン、ソーメン、・・・・、いや〜懐かしいな。笑い!

4つの大きな鍋で、数十人分に成るのだけれど、つまり4種類の闇カレーを皆が味わうのである。基本的には、私達は入れたくないものは隠したりしていたけれど、先生が入れないと面白くないとおっしゃるので、結果そうなるのでした。

楽しかったな〜!
多分、先生はそれが狙いだったと想う。

当時は、アトピー性の子とかは居なかったので、今では考えられない話である。

さて、はなまるマーケットで紹介された大根カレーなんだけれど、フライパンで一気に仕上げる感じで本場の作り方風なのには感心した。

絶対に日本人ってカレーをシチューかにかと勘違いしている様な気がする。

インドやタイでは実にチャッチャッと調理するのである。
ニンジンとジャガイモを大きくカットして調理するから自然に煮込むという印象が強いのかも知れない。本場は、鳥や具材を炒めてそこにスパイスやスープを加えて混ぜるという感じかな〜。

【 大根カレー作り方 】

大根1本の6割方を食べやすくカットし、後はスープ様におろします。

さて、フライパンにニンニクで香付けし、カットした大根、醤油、オリーブオイル、スパイスやカレールーを一気に強火で炒め混ぜ合わせる。鍋蓋を使用すればモアベターで熱の通りがよくなりますね。暫くして大根が柔らかくなるまで弱火で煮詰めますが、大根だけ先にレンジで調理しておくと短縮されます。

お好みで好きなスパイスや玉ねぎに、干し野菜としてのピーマンやニンジンも入れて欲しいですよね。

我が家では男の方が多いので、肉の入っていないカレーは考えられないのですが、パスタの様に何か魚介類や肉も加えてみるべきですね。それはタイカレーか!?笑い!

大根には、消化酵素としてのジアスターゼが多いので1週間に三回は食べたいですよね。
もちろんキャベツもかかせないですよね。

これは我が家の半日分と作り置きです。
P1150669.JPG

でもタイのカレーは、基本的に美味しいけれどもインドはケースバイケースみたいらしい。
現地のインド人の方が日本のカレーのルーを入れて作ったら、こんなに美味いカレーは食べた事がないといったらしい・・・。

ブラックラーメンにイカ墨パスタがあるんだから、ブラックカレーがあってもいいかも知れない!?笑い!

はなまるマーケット レシピ

はなまるマーケット ローストビーフ

はなまるマーケットのローストビーフは過去数例紹介されていますけれど、基本はどれも最後に熱を如何に中まで均一に伝えるかがポイントですね。

毎年クリスマスが近ずいてくると今年こそ何か豪華なものを用意しようと思い悩みます。七面鳥の代わりにチキンやから揚げの特盛、自家製の本格的なケーキか、そしてローストビーフもその一例ですよね。子供が大きくなるとそんなに力は入りませんが、まだお子さんが幼い家庭のお母さんは思い出作りに頑張って欲しいと思います。

さて、そこで一般家庭でも簡単に作れるローストビーフをはなまるマーケットの得丸で紹介してくれたのでした。

ここ数年では、フライパンのみを使用するもの、フライパンと料理研究家の枝元なほみさんの提唱するオーブン使用のもの、フライパンとシリコン製調理器具を使いレンジで仕上げるもの、フライパンとジップロックでの真空パックにし炊飯器で仕上げるものなどがあります。

【 はなまるマーケット ローストビーフ 作り方 】

ポイント、牛肉を冷蔵庫から出したままで調理すると、肉の中心部になかなか火が通らないので、常温で半日か数時間置く。但し、夏場など季節がら外気温が高い時は十分に注意し短めにします。

1、牛ブロック全体にに、塩(出来れば岩塩)、粗挽き黒こしょうをこすり付け、フライパンで肉全体まんべんなく焦げ目を付ける様に強火でがんがん焼きます。

2、味付けとしては、タレ、玉葱、しょうが、醤油、レモン汁、みりん、オイスターソース、はちみつを用意します。これだけあれば完璧ですね。
お好みで砂糖を加えたり、香付けに月桂樹を加えたりします。

さて、問題はこの後なんですよね。

3、シリコン製調理器具で肉と味付け具材を混ぜ合わせ、電子レンジで数分加熱する方法。

4、必ず冷ますます。熱い内に切ると肉汁が出てしまいますから、粗熱を取ったら冷蔵庫に入れましょう。

 又は、オーブンで焼く方法もあります。
 更に、ジップロックを使い炊飯器の保存で約40分で仕上げるものがあります。
 最近、話題の川平秀一式炊飯器版「真空調理法」です。

それぞれ、火を通す熱を通す時間が異なりますので、ご確認下さいね。

ローストビーフが我が家で焼ければ家計がかなりお得になります。
今週はこれに挑戦してみましょうかね。

はなまるマーケット レシピ

はなまるマーケットのポテトサラダレシピ

創業40年の和食店、青山ボコイ のポテトサラダは、人気のグルメ雑誌「dancyu ダンチュウ」で世界一と称賛されました。そんな世界一のポテトサラダの作り方を教えてもらいました。

帝国ホテルの絶品ポテトサラダレシピが初公開ってなんか感動!

グルメ番組で評価が高いはなまるマーケットで、世界一の誉れ高い青山ボコイ(創業40年)や帝国ホテル(創業120周年)の絶品ポテトサラダのレシピを取り上げ放送していました。

またまた私の料理への概念が変わりました。

まさかポテトサラダに味付けのタイミングがあるとは夢にも思いませんでしたね。
それまでは、茹でたジャガイモにマヨネーズ・塩・胡椒・お酢等を仕上げに混ぜるだけだと思っていましたから。

それと、茹で方も違いましたね。
私は、下処理としてジャガイモの皮を取ってから茹でるのが普通と思っていましたからカルチャーショックですね。

【 はなまるマーケットのポテトサラダレシピ 】

使用する芋は男爵イモです。
何と皮付きのままじゃがいもは茹でるのです。柔らかくなったら皮を取るという手順です。
ちょっと熱いけれど成る程と思いました。

そして、玉ねぎはスライスしたものに塩をし、暫くして水が出てしんなりしかけの時に布やクッキングペーパーで手もみをし柔らかくします。最後に、水洗いをし、下処理の完了です。そこで水気もしっかり取ります。

塩、胡椒、マスタード、あれば白ワインビネガーなどをボウルで混ぜ合わせ、サラダ油を少しずつ加えて特性フレンチドレッシングの出来上がりです。砂糖を加えるのも一つのアイディアだと思います。

胡椒が粗挽きか普通のものか、白ワインビネガーをお酢で代用するかは経験則だと思います。

茹で上がり皮を剥いたじゃがいもをまだつぶさずに1センチ程にスライスし、熱いうちに手早く特性フレンチドレッシングと更に塩と胡椒を加えつぶしながら混ぜ合わせます。
それを冷蔵庫に30分位入れ粗熱を取ります。

そして、冷めたじゃがいもと水気を取り準備した玉ねぎをいよいよ混ぜ合わせ、先にマヨネーズを、後でマスタードを加えます。味見をして足りないようなら更に塩・胡椒で味を整えます。

飾りに、パセリと茹でた卵のカットしたものを加え軽く混ぜ合わせ完成です。

帝国ホテルの深い伝統と歴史の味に挑戦してみませんか。

世界一の青山ボコイのものは今回割愛しますが、こちらはメークインを使用し、皮は先に剥きます。そして、味つけにコンソメスープの素やベーコンを使うんですよね。

つまりどのジャガイモが一番ポテトサラダに適しているとは言えないという事がはっきりしましたね。

まさに人それぞれであり味付けも更に工夫出来そうな気がしてきました。

ポイントとしては、玉ねぎやキュウリ等の野菜類はしっかり水気を切り、茹でたじゃがいもへの味付けは手早く熱い内にし、マヨネーズは完全に冷めてからを抑えておきましょう。

これは親子で作れば楽しいと思いますね。

はなまるマーケット レシピ

はなまるマーケット レシピ ホワイトソース

万能ホワイトソースをマスターしました。

フレンチ「マキシム・ド・パリ」と云えば銀座で一番の有名店なんですが、そこの総料理長「斉藤裕之さん」直伝の何にでも使える万能ホワイトソース(ベシャメルソース)には参りました。

大体、ベシャメルソースっていたらフレンチの基本でありそこの店の味を決めるといおうか看板ですからね。そんなの無料で教えてもらって良いのだろうかとこちらが心配してしまいますね。

でも公開しているのは全てではないのかしら・・・まどと想像してしまう私なのでした!?

先ず基本的なホワイトソースの作り方ですが、薄力粉を弱火で溶かしたバターに加え5分間はヘラを使い焦げ付かないようにしっかり炒めます。そして、予めレンジで予熱を与えた牛乳を3割ずつ計3回に分けて加えます。その間ゴムヘラをで数分間混ぜ続けとろみが出れば完成です。

気温が低い時はダマに成りやすいので泡立て器などを利用したらいいですね。

【 はなまるマーケット レシピ 万能ホワイトソース 】

さて、いよいよ万能ホワイトソースにするために更にひと手間加えます。

みじん切りにしたタマネギ、マッシュルーム、シメジなどを、バターを溶かしたフライパンでしっかり水気がなくなるまで焦がさない様に中火で炒めます。

そして、そこへ白ワインを加え煮詰まってきたら、先ほどのホワイトソースに加えます。
更に、火加減は弱火のままで、焦がさない様に粉チーズを加え混ぜ合わせ、最後に塩と胡椒で味を調整したら完成です。これで味に深みとコクが出ます。

この万能ホワイトソースは、パスタ、コロッケ、グラタン、から揚げ等々にもってこいです。そうまさに名付けた通りの万能の何にでも合うソースですね。

はなまるマーケット レシピ

はなまるマーケット レシピ とろとろロールキャベツ

最近、ロールキャベツって作っていないな〜!
私にとっては、煮込んで仕上がるのにかなり時間が掛かるので、ちょっと面倒くさいと思う料理のひとつである。

いつもの様に子供を送り出し何気にテレビを付けていたら、はなまるマーケットの今日のテーマはとろとろロールキャベツとテロップが出ていたのだが、えっと思った。

とろとろってどういう意味!?

もしかしてあんかけ風に仕上げるのかなと気になってしまったので、早速テレビの録画機能を活かして番組を最初から確認した。

使う調理具材は普通に、合びき肉、キャベツ、タマネギ、ニンジンなのだが、レシピを確認してみて判った。

成る程、最初の下調理で無塩バターを使用するのだ。

これなら、確かに野菜具材にコクが出るし、噛んだ時の肉汁に一味加わる。
何でもかんでもバターを使用すると美味しくなるのだけれど、これが一旦使いだすと止まらなくなるから、太る原因の一つであるからにして要注意である。

そして、とろとろの意味は、じっくり長時間をかけて煮込むので、箸でもキャベツの葉が裂けるほど軟らかくなるという事でした。

調理には、途中粗熱を取ったり、キャベツを丸ごと茹でるという方法を取るので大きなお鍋が必要となります。

全般的な印象としては、手間と時間が掛かるけれども、手順通りすれば小学生でも意外と作れそうなほど簡単だと思います。

<< 1 2 3 4 5.. >>



Powered by Seesaa