site map
スポンサードリンク

はなまるマーケットのレシピ バーニャカウダ

バーニャカウダで食べる野菜

はなまるマーケットで話題になった超簡単バーニャカウダのレシピについて取り上げたいと思います。

これは野菜嫌いの大人から子供達にとても有意義な絶品ソースのレシピなんです。
はなまるマーケットで紹介されてからというもの、このバーニャカウダが大ブレイクしましたね。

とにかく野菜が大嫌いとか苦手の人でも、このバーニャカウダソースをつけて食べると苦手な野菜も気兼ねせずに腹いっぱい食べられるという優れものソースです。我が家では、どちらかというと子供達よりも大人達が好物となりました。

せっかくですから超簡単なレシピを取り合えず紹介しちゃいましょう。

【 バーニャカウダソース 作り方 】

【材料】(1〜2人分)
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク 1片
アンチョビ(ペースト状)5g
生クリーム 50CC

【作り方】
1、鍋におろしにんにく・オリーブオイル・アンチョビペーストを中火にかける。
2、沸騰したら火を消す。
3、生クリームを加える。
4、分離しないように手早くかき混ぜながら中火にかけて混ざり合えば完成。
5、食べやすく切ったお好みの生野菜をスティック状に切って付けながら食べる。

ポイントとアドバイスとして、他のサラダや野菜料理に加えて、ワインと共に楽しむのもいけますね。かなり合いますね。

注意点として、出来る限りソースは熱いうちに食べた方が美味しいですね。
応用として、野菜スティック、パスタ、クッキー、パン、蒸かしジャガイモなどにつけてもとっても美味しいですよ。

兎に角、はなまるマーケットの料理の世界はまだまだどんどん広がって行きますね。

今日のはなまるマーケットのレシピは、バーニャカウダで食べる野菜でした。

はなまるマーケットのレシピ バーニャカウダ

はなまるマーケット バーニャカウダ レシピ

バーニャカウダについてご存知でしょうか。
はなまるマーケットで話題になったバーニャカウダは、イタリア北部、ピエモンテ地方の料理なんですが、バーニャは「風呂」、カウダは「温かい」という意味なんです。面白い語源ですよね。

レシピとしては、にんにくとアンチョビ、オリーブ油のソース、これを小鍋でフツフツ煮立て、野菜をつけながら食べるというフォンデュスタイル。アルプスのお膝元、北イタリアならではの地元料理なんです。

そのイタリア料理のバーニャカウダがはなまるマーケットで紹介されたんですが、鶏ハムよりも凄い反響でびっくりしましたね。以下、参考になれば幸いです。

【 はなまるマーケット バーニャカウダ レシピ 】

使う具材は、実に簡単なものばかりです。
にんじん、大根、セロリ、じゃがいも、青唐辛子などの野菜のほか、フランスパン、厚揚げ、ミニちくわ、かにカマなど、フォンデュに合うものなら何でも美味しいです。
【材料】
1、いかの塩辛          大さじ3
2、ニンニク           2片
3、ゴマだれ(しゃぶしゃぶ用)  3/4カップ
4、生クリーム          3/4カップ

その他、いかの塩辛の代わりにアンチョビを用いたレシピも存在します。

【作り方】
1、いかの塩辛は、細かく刻む。
2、鍋に1の塩辛と、ニンニク、ゴマだれを入れ煮立ったら火を止める。
3、生クリームを加え、再度火にかけ、煮立ったら完成。

出来たら、とにかく野菜やパスタなど具材にソースをつけていただくだけです。
この実に簡単で安くて、おいしいバーニャカウダなんですが、冷蔵庫なら数日は持ちますので、ぜひ試してみて下さいね。

最後までお読み頂き有難うございます。今日の料理レシピはお役にたちましたでしょうか。この記事は、はなまるマーケットのレシピのオリジナルによるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

はなまるマーケットのレシピ バーニャカウダ

バーニャカウダ 意味

バーニャカウダの意味についてご紹介したいと思います。

はなまるマーケットでバーニャカウダが紹介されて、すぐに我が家でも作ってみました。
我が家ではなんといってもイタリアン大好きなんですよね♪

イタリアンが大好きならば、一度は耳にしたことがあるはずのこのバーニャカウダなんですが、料理レシピ紹介番組で有名なはなまるマーケットで取り上げられたので思わずその意味とレシピをメモしちゃいましたね。

【 バーニャカウダ 意味 】

その起源は、遠くイタリアはピエモンテ州を代表する郷土料理だそうです。

秋になると、このピエモンテ州では、収穫を祝うお祭りずばり「バーニャカウダ祭」が開催されます。
この祭りの名をとった温かいソースと季節の穫れたて野菜を感謝しいっぱい食べることがメインの祭りです。

地中海ですから、オリーブオイルに、いか、又はアンチョビ、そして香りつけに大蒜を使用します。
そして、新鮮野菜に、このバーニャカウダソースをたっぷりつけていただくものです。

さて、本来のイタリア人の認識する問題のバーニャカウダの言葉の意味は、日本でよく勘違いされている「熱いお風呂」という意味合いとは若干違うようです。

ずばり、イタリアでのバーニャカウダの真の意味は「温かいソース」という意味だそうです。
とにかく感覚はイタリアンですね。

最後までお読み頂き有難うございます。今日の料理レシピはお役にたちましたでしょうか。この記事は、はなまるマーケットのレシピのオリジナルによるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

はなまるマーケットのレシピ バーニャカウダ

バーニャカウダ はなまるマーケット 白ワイン

バーニャカウダソースとTBSのはなまるマーケットについてご紹介したいと思います。
先日、グルメ番組はなまるマーケットで紹介されたイタリアの郷土料理バーニャカウダに早速挑戦してみました。

早速作ってみた感想なんですが、家族団らんで、会話がはずむおいしいバーニャカウダはもう我が家の定番料理になりそうです。
こんな美味しい料理があれば、誰でもそうでしょうが、人は誰でにも優しくなれる様な気がします。

料理には酒ですよね。バーニャカウダ。パンでも、お野菜でも、なんでもつけて、おいしいバーニャカウダなんですが、やはり白ワインなぞいかがでしょうか。特に白ワインでしょう。

はなまるマーケットのバーニャカウダをアレンジして、わが家では、フレッシュローズマリーやバジルなど、香りを楽しみながら頂く時もあります。野菜不足だと思ったら、すぐにバーニャカウダにします。野菜の美味しさを楽しむ食卓を心掛けています。

最後までお読み頂き有難うございます。今日の料理レシピはお役にたちましたでしょうか。この記事は、はなまるマーケットのレシピのオリジナルによるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

はなまるマーケットのレシピ バーニャカウダ

バーニャカウダソースとはなまるマーケット

バーニャカウダソースとはなまるマーケットについて書きたいと思います。はなまるマーケットで、とてもお洒落なソースのバーニャカウダについて紹介していました。ご覧になりましたでしょうか?

はなまるマーケットでは、バーニャカウダがイタリア・トリノの名物なので、フィギュアースケートの荒川静香さんが食べたかも知れないと、紹介していました。もともと、「バーニャ・カウダ」とは、「熱い・お風呂」という意味だそうです。ご存知でした?

野菜を、ホットなソースにつけて食べるということで、このネーミングになったのでしょうね。なんだかとても素朴でお茶目な感じがしますよね。

基本的にはフォンデュにする感覚なので、野菜、イモ類、サラダのドレッシング感覚で食べると、たくさんお野菜を食べることができるので、ヘルシーですよね。

はなまるマーケットの中ではバーニャカウダの他にも、色々と美味しそうなソースが紹介されます。メインのお料理もいいですが、脇役で活躍してくれるようなメニューはなかなかうれしいですね。それにしてもバーニャカウダ・・・なんておしゃれだわ〜。料理名人になった気分です!笑い^^!

兎に角、はなまるマーケットの料理レシピは、本当に役に立ちますね!
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は、はなまるマーケットのレシピ!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。