site map
スポンサードリンク

はまなるマーケットのレシピ カルボナーラ

カルボナーラ 伝説 レシピ

カルボナーラの伝説のレシピについて紹介したいと思います。
今や、はなまるマーケットで紹介されたパスタ料理の中に伝説とまで呼ばれたカルボナーラのレシピがあるのですが、伝説はちょっといい過ぎですかね。

ところで、はなまるマーケットの司会者薬丸さんに、カルボナーラのレシピを教えた料理教室のシェフが伝説なのかそれともレシピ自体がそうなのか、残念ながら忘れてしまいました。

結論から申しますと、所謂日本のパスタメニューの定番にある「ナポリタン」という俗称メニューは本場には存在しないし、グルメ通には本場北イタリアの「カルボナーラ」には生クリームも牛乳も使用しないというのは常識です。偉そうに語ってしまいましたが「カルボナーラ」に関しては、私も当然知りませんでした。

されど、よくよく思い出して見ますと、テレビのクイズ番組なので、本場には「ナポリタン」が存在しないというネタは私の場合すでに30年以上前から見た記憶がありますが、・・・いつまでひっぱるのか?笑い!

以下に作り方を紹介していますが、まさに目から鱗ですよね。
あ〜そうなんだ〜と納得する事ばかりです。皆さんも一度はお試しを!

【カルボナーラ 伝説 レシピ】

<材料(2人前)>

 ・スパゲティ  120g
 ・ベーコン  50g
 ・粉チーズ  大さじ3
 ・卵  2個
 ・塩  2つまみ
 ・黒コショウ  適量
 ・レッドペッパー  適宜
 ・水  80cc+80cc
 ・オリーブ油  小さじ2と1/2(1)
 ・オリーブ油  小さじ1と1/4(2)

<作り方>

 @.卵・粉チーズ・塩・黒こしょう・レッドペッパーを入れ、繊維がなくなるまでしっかりよく混ぜ合わせます。
 A.フライパンにオリーブオイルの約半量(1)と1cm程にに切ったベーコンを入れてから火をつけます。
 B.最初は強火で炒め、音が大きくなったら弱火にする。
 C.ベーコンが縮んできたら火を消し水80ccを加える。
 D.再び強火で煮詰めて旨味を引き出します。
 E.水が半分になったら再び水80ccを加え一煮立ちさせて火を消し残りのオリブオイル(2)を入れます。
 F.水1リットルに付き1グラムの塩を入れたお湯で、表示時間より1分程短く茹でるのがコツです。
 G.茹で上がったパスタをEの火を消したフライパンに入れて混ぜ合わせます。
 H.フライパンの水分が少なければ水を足すます。
 I.パスタをフライパンの中央に寄せてパスタの上に@の卵を入れます。
 J.火を消したまま回しながら混ぜ続ける。
 K.卵と水分がよく混ぜ合わさったら弱めの中火をつけて手早く混ぜ続ける。
 L.火を通しすぎると卵がダマになり失敗するので、火をつけたり消したりしながら汁がとろりとなめらかになるように混ぜ続ける。

本日のはなまるマーケットのレシピは、伝説と呼ばれたカルボナーラでした。

はまなるマーケットのレシピ カルボナーラ

はなまるマーケット カルボナーラのレシピ

カルボナーラはお好きですか。先日、はなまるマーケットの番組内で、カルボナーラの作り方を紹介していました。今日も、それに関する連続の記事です。

美味しいカルボナーラを作るのって、なかなか難しいですよね。私の場合カルボナーラがなんだか卵くさい感じに出来上がってしまいますよね。我が家もパスタが好きなのでペスカトーレビアンコとかアサリに茄子などを入れたものを良く作るんですが、あのカルボナーラだけは全く上手く出来上がりません。あれはどうしてなんでしょうかね。

今日は、そんな難しいカルボナーラを美味しく作るためのコツをはなまるマーケットレシピで学ぼうというお話です。

取り合えず、材料は全部我が家にありますし、今日のランチに作ってみることにしました。私流のカルボナーラなんですが、前述の通り何度挑戦しつくっても、あの独特の卵臭さが残るんですよね。なかなかあのお店で食べるようにふわっとクリーミーな感じにならないのです。

はなまるマーケットのレシピのポイントは、卵黄だけではなく、卵まるごと一つ使うんですが、生クリームが不要のところがちょっと気に入りましたね。卵白が余らなくて、生クリームが要らないのなら、何も無駄にならなくて積極的にカルボナーラを作ることができますからね。

実際、挑戦してみた感想なんですが、はなまるマーケットのカルボナーラレシピでは、これまで私が作っていた様な卵臭さが無くなり、とても食べ易く美味しかったです。
正直、こんなに簡単に解決できるとは思いませんでした。

はなまるマーケットは、初心者が作りやすいように手順良く作れるようにレシピを作ってくれているような気がします。このレシピは、まさに私の様にカルボナーラを作ることが苦手な人でも、上手につくれる魔法のレシピだと思いますよ。

Recipeの詳細は、別記事のカルボナーラ 伝説 レシピに記載しております。

はい、今日の私の挑戦は、はなまるマーケットレシピでカルボナーラを美味しく作くろうでした。
これでまた一つ自信がつきました。

はまなるマーケットのレシピ カルボナーラ

はなまるマーケットのカルボナーラを作るポイント

はなまるマーケットでカルボナーラ作りのポイントを学びました。
薬丸さんがはなまるマーケットの番組「男の料理コーナー」で紹介してくれたカルボナーラがあまりに美味しそうで簡単そうだったので、紹介したいと思います。

後日、私も試しに作ってみましたが、ま〜ま〜いけたんじゃ〜ないでしょうか?

「伝説!牛乳も生クリーム使わないカルボナーラ」ええ〜ホンマ?

★実際に作ってみて感じたことやキーポイントをご紹介します。

・パスタはいつもより固めにゆでたほうがよさそうですね。
・粉チーズは多めがおいしいです。
・ベーコンは少し、厚めにカット。もしくは多めに入れる。
・卵は濃厚な黄身のものを使う。

カルボナーラって、ソースを作るタイミングと、パスタの湯で上がりと、まぜるタイミングの3つが難しいんですよね。手早くちゃっちゃっとやらないと、パスタがのびちゃいますものね。

はなまるマーケットの「牛乳もな生クリームも使わないカルボナーラ」を作るときは、どうぞ参考にしてくださいね!

★Recipeの詳細は、別記事のカルボナーラ 伝説 レシピに記載しております。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は、はなまるマーケットのレシピ!のオリジナル記事によるものです。それでは御機嫌よう!グッドラック!!

はまなるマーケットのレシピ カルボナーラ

はなまるマーケットの本場カルボナーラ風レシピとは?

カルボナーラの本場のパスタソースのレシピについてご紹介したいと思います。

今日は、ずばり本場イタリアと日本でのパスタ料理のレシピは随分違っていると言うお話です。
そのシームは誰もが好きなパスタ料理の一つカルボナーラです。

はなまるマーケットで紹介された人気のカルボナーラ(Carbonara)は、イタリア語で「炭焼のパスタ(炭焼職人風)」といわれる意味のパスタソースです。

炭焼職人がが仕事の合間にパスタを作ったら、手に付いた炭の粉が落ちて・・・こんな風になるのではないかという感じの、黒コショウをからませた味わいのあるカルボナーラだそうです。

日本においてカルボナーラの一般的な作り方は、まず、ベーコンとニンニクをバターで炒め、それに生クリーム、チーズ、卵黄を加えるというパターンのレシピが多いと想います。

茹でたてのパスタにからめていただくカルボナーラ。こってりとしているソースは、太くて平たいフェットゥッチーネというパスタがよく合うそうです。

ところが、はなまるマーケットで紹介されたカルボナーラのレシピは、生クリームも牛乳も使わないのです。実にヘルシーなレシピのものなんです。

今回、同番組で「カルボナーラ」取り上げた縁もあって、私なりにいろいろ調べてみました。
でも、本場北イタリアでは、もともと生クリームも牛乳も入れないのが普通みたいですね。読者の皆さんはご存知でした?

炒めたベーコンに卵黄とチーズなどをくわえてソースとする場合と、全卵で作るソースとがあるそうですが、はなまるマーケットで紹介されたカルボナーラのレシピは確かに本場のものに近い感じがしました。皆さんも調べてみて実際に作ってみませんか。レシピの詳細な紹介は別記事にて参照下さい。

今回は、パスタ大好きの当サイトはなまるマーケットのレシピは、本場のカルボナーラに挑戦してみました。

はまなるマーケットのレシピ カルボナーラ

はなまるマーケットの伝説レシピ 男のカルボナーラ

はなまるマーケットで話題の「伝説レシピの男の料理のカルボナーラ」について取り上げたいと思います。長いネーミングでした。

今日のはなまるマーケットで、「男の料理」と題して、薬丸さんや佐々木健介さんが、カルボナーラ料理を教えてくれましたよ。ご覧になりましたでしょうか!?

生クリームも牛乳も使わない「カルボナーラ」について興味はおありでしょうか?大抵、カルボナーラって、生クリームや牛乳を使うこってりとしたソースですよね。

ダイエット中の方や、しつこい感覚が嫌いな人はちょっと遠慮してしまうパスタソースですよね。だけどもし、ヘルシーなカルボナーラだったら、喜んで食べちゃえるかも知れませんよ。
でも、ヘルシーなカルボナーラ、牛乳も卵も使わないっていったい、本当においしいのかな・・・、その辺りはどうなんでしょうか?

ご心配なく。はなまるマーケット司会の薬丸さんの口からも自画自賛の「これおいしい!」が出ました。薬丸さんが習った料理教室では伝説レシピと言われているそうです。

伝説のレシピ!生クリームも牛乳も使わないカルボナーラだそうです!!なんだかぜひ試してみたいと思わせるネーミングですよね。

ヘルシーで美味しくて、また食べたくなる・・・そんな伝説の「生クリームも牛乳も使わないカルボナーラ」は、如何でしたでしょうか!?笑い^^!

私は、はなまるマーケットレシピ通りに作ってみましたら、まあまあ評判が良く美味しかったと家族からお褒めの言葉を頂きました。笑い^^!

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、はなまるマーケットのレシピ!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。