site map
スポンサードリンク

はなまるマーケット その他

ごぼうのゴマ炒めピリ辛風味

 ごぼうのゴマ炒めピリ辛風味でご飯のおかずと酒の肴にお勧め、でもちょっとだけ手間がかかるオリジナルレシピの紹介です。

 ごぼうというのは昔では薬膳料理に使われるほど、滋養強壮に良いのはよく知られたお話ですよね。
でもこれをご老人や子供にたくさん食べさせたいのだけれど、煮物にしても炒めてもどうしても食物繊維が豊富なので食感が固過ぎてたくさん食べる気にはなれないんですよね。せいぜい二口か三口ほどでしょうか!?

 そこで何とか家族にこれでもかとごぼうをたくさん食べてもらえないかと考えたのが、ちょっとだけ手間がかかる私のオリジナルレシピ「ごぼうのゴマ炒めピリ辛風味」です。

 こちらは醤油風味なんですけど、バターや酒を使うと味のバリエーションはまだまだ広がりますよ。
P3310281.jpg

【 ごぼうのゴマ炒めピリ辛風味 】

コンセプトといおうかポイントは、兎に角、食感を良くするのを狙いました。
先ずは、ピーラーでなるべく長く成る様に引きます。そして暫く水に浸しあくを取ります。
そうまるで蕎麦かラーメンかソーメンの様なイメージですね。
その次に、ざるに移し水気を取りちょっとだけ乾燥させます。
P3270267.jpg

そして、フライパンを熱し醤油少々とゴマ油で一気に炒めます。我が家はピリ辛が大好きなので、お好みで赤唐辛子を加えます。子供さんがいたら砂糖を多目に加えて甘辛くしても美味しいですよ。もう主人の酒の肴にもなり最高の評価を頂きました。
P3270271.jpg

これは薄味で酒を加えちょっと柔らかめにしたものです。お年寄りで塩分控えめの方にはこちらも試して頂きたいですね。
P3270273.jpg

バターもいんだけれど、ゴマ油が一番合うような気がします。
そして、酒の肴にもいいんですが、ご飯のおかずにも最適です。

宜しかったらお試しを!!

はなまるマーケット レシピ

はなまるマーケット すし酢 レシピ

すし酢を使ったレシピが話題です。
2013年8月、はなまるマーケットですし酢を使った応用調理法レシピや料理が紹介されました。

今回は珍しく録画ではなくタイムリーに番組放送を見ていました。
これってそんなに目新しい話ではなくて、過去に、過去といっても数十年前なんですけれど何度かすし酢の効能とか応用調理法が取り上げられたりしましたね。

だから、記事にする程の情報ということもないので紹介しようか迷ったんですけれど、若い奥様達には参考になるのではないでしょうか。お弁当のおかずの味付けに一工夫できると思いますし、付加価値として特に夏場のお弁当にはお酢の殺菌効果は期待出来るのではないでしょうか。

そして「すし酢」は、お酢に砂糖と塩を少量加えたものなのでお家でも実に簡単に作れますので、是非とも普段のお料理に活用したいものです。わざわざ高価な市販の物を購入する必要もありませんから。

あ〜〜〜でも私は、記憶にはあるけれども、スーパーマンの様なこんな良いものを普段あまり使ってはいませんでしたね。お恥ずかしいわ〜。

番組では、ドレッシングにたれ、マリネ液やピクルスに応用するものなどが紹介されていました。つまりその応用の傾向としては、何か一味を加えるという意味合いや口当たりがさわやかになるという効果を狙っていると思われます。

つまり、単にドレッシングの一種類というよりも他の味の引き立て役とか補助とか更に味を際立てさせるものだと思います。

更に、鷹の爪、粒こしょう、昆布などを加えると効果抜群です。
ちょっとした応用で美味しいピクルスや野菜の甘酢漬けが簡単に作れます。

はなまるマーケット レシピ

はなまるマーケット 2013年 ザ・ベストレシピ

はなまるマーケット2013年度の上半期を飾った話題のお手軽工夫簡単レシピが発表されました。この番組シリーズってもう何年も続いているんですが、もうこれ以上のものは出ないと思って拝見している私なんですけれど。

それでも、毎年々、次から次へとそんな調理方法やレシピがあったのか〜と感心し驚いている次第です。まさに眼から鱗が落ちる思いですね。

今回発表されたのは、ベスト10ではなくてベスト15のレシピなんですが、ミートソースを麻婆豆腐に使うなんて、そんな発想思いつきませんよね。普段からちょっとだけ作り置きしておいたら咄嗟の時に役立つ事請け合いですね。

因みに、今回は「超永久保存版!はなまる2013年上半期 ザ・ベストレシピ」と題打って「超永久保存版」と番組で紹介されていました。ちょっと大袈裟な気もしますが、はなまるマーケットも自信があるからなのでしょうか?

【 2013年 上半期 ザ・ベストレシピ 】

第1位受賞 ミートソース
考案者 リストランテ アロマフレスカのシェフ 原田慎次さん
第2位受賞 もちもち鶏
考案者 ちょりママ 西山京子さん
第3位受賞 極上しょうが焼き
考案者 鈴なりの店主 村田明彦さん
第4位受賞 たまねぎ氷
考案者 管理栄養士 村上祥子さん
第5位受賞 究極のしょう油から揚げ
考案者 大分唐揚げ専門店とりあん 大隈厚志さん
第6位受賞 エリンギのオイスター煮込み
考案者 虎萬元 南青山の料理長 岡田三郎
第7位受賞 大根だけのお醤油カレー
考案者 野菜料理家 庄司いずみさん
第8位受賞 基本の水キムチ
考案者 料理研究科 夏梅美智子さん
第9位受賞 ふわふわ!幻のオムレツ
考案者 ラ・メール・プラール(レストラン)
第10位受賞 極上ポークソテー
考案者 オテル・ドゥ・ミクニのシェフ 三國清三さん
第11位受賞 じゃがいもサラダ
考案者 佐久市健康づくり推進課 本田ひろ子さん 
第12位受賞 チンジャオロース
考案者 中国料理店美虎 五十嵐美幸さん
第13位受賞 お肉屋さんの特製ハンバーグ
考案者 肉のむらかみ4代目社長 村上琢也さん
第14位受賞 エッグベネディクト
考案者 カフェ・カイラ(レストラン)
15位受賞 豚肉のみそニンニクハチミツ漬け
考案者 賛否両論店主 笠原将弘さん

やはり料理研究家の方や有名店のシェフの方が入っていますね。

どうでしょうか参考になりましたでしょうか。
でも、私は親戚の子にたまに話すんですけれど、こういった簡単レシピを応用した料理はあくまで最終の完成系ではありませんからね。

先に、一通り料理のイロハや基本を学ぶ事をお勧めします。
その上での応用技というのがこういった簡単レシピや発想を変えた調理法に成るわけですから。

<<前の3件  1 2 3 4 5..  次の3件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。